奇術研究部

活動内容・クラブPR


奇術研究部では、「挨拶・笑顔・気配り」をモットーとし、奇術 (手品・マジック・ジャグリング) を通したコミュニケーション活動を展開しています。カードや日用品を用いたテーブルマジックからパラソルやボールを用いたステージマジック、人体消失といったイリュージョン、各種ジャグリングに挑戦しています。様々な場での公演活動の中で、年齢の異なる人とよりよい人間関係を構築すること、相手のことを考えて行動できる心を養うことを目指しています。これまでは校内での発表が中心でしたが、「狭山から世界へ」と羽ばたくことが今後の目標に web 講演にも挑戦していきます。


部員数 男子:2名(1年2名)
女子:3名(1年2名、3年1名)
活動場所 高校本館選択教室・選択棟S203
活動日 月・火・木

大会実績・活動実績

[活動実績]
狭山市立広瀬小学童保育室交流会 (2019)

狭山市立柏原学童保育室交流会 (2016, 2017, 2018)


狭山市 中央児童館 クリスマス会 (2017)


「第6回狭山市地域のつながりと支え合いを考える集い」公演 (2017年)


NHK「あさイチ」(ピカピカ☆学園 “奇術” を伝授!?イリュージョンにも挑戦!) 取材・放映 (2016年)


各種受験雑誌・朝日新聞・WEBサイト取材

体育系クラブ

文化系クラブ