硬式野球部

活動内容・クラブPR


1)「基本考動」~社会で通用する力と心を作る~


○挨拶(人との原点)


○姿勢(姿の勢い)


○時間(一瞬の大切さ)


○道具(感謝の心)


○返事(覚悟を示す)


○清掃・整理整頓(集中と氣付き)


○全力疾走(走姿顕心)


どのチームにでもできることを、どのチームにもできないくらいやる。


一人一人が考動することにより練習効率を高め、非認知的能力の声かけも盛んにし、自己肯定感を高める。


2)「役割分担」~役割を全うしリーダーを育成~


選手一人一人に責任ある役割


(投手長・打撃長・走塁長・挨拶担当・食事担当・学習担当・トレーニング担当・チーム力担当他)


組織を高めるために自らが担当責任者となり文理高校野球部を甲子園に導く。


チームへ常に働きかけをするため受信・発信力を高め日本のリーダーとなる。


3)「ミーティング」~共有・確認・準備


○全体ミーティング


 「チーム方針」「中長期的計画」「戦略」「チーム・個人目標」


○昼ミーティング(選手のみ)


 「練習メニューの考案」「練習の目的確認」「準備確認」「陥りそうなポイント確認」


○練習後ミーティング


 「今日の振り返り」「顧問からのアドバイス」「各担当からの提案・改善」「明日の確認」「連絡」


練習時間が短い分、全員の意思統一は不可欠。選手同士が話合うことで主体性が生まれ皆で納得して練習に取り組める。


4)「野球ノート」~字は人を表す 継続・心を作る~


○日々の振り返りをする


 「体験」を「経験」にし、「成長」に繋げるためには、本氣の振り返りが重要。


 メタ認知し、自己対話が具体的になる。


○記録の記入


 体重測定・練習メニュー・ウェイトメニューを記録することで測定後の改善に繋げる。


○生活面の記入


 授業、家での生活を記入。メンタルのバロメーターとなり、早い段階での顧問面談に繋げる。


○準備力向上


 頭の中で理解したことを改めて書くことには非常に重要。明日の準備に繋げる。


5)「外部指導者との連携」 野球部を支えてくれる専門スタッフの充実


○天野秀介先生(チームドクター)


 ・・・選手 医師 現場の三位一体でベストコンディションを目指す


○上西一弘先生(食事栄養管理)


 ・・・女子栄養大学と定期的に連携をとり、選手の身体作りをサポート


   (測定、講演、壮行会、食事強化合宿など)


○尾沢和弘先生(トレーニング)


 ・・・最新のトレーニングメニューの紹介や、加圧トレーニングを指導


○高木宣宏先生(投手コーチ)


 ・・・元プロ投手コーチの経験から具体的指導の実践


○西田弘次先生(チームメンタル)


 ・・・実践コミュニケーションを具体的手法で選手に伝え、心を鍛える


○本多慎先生・橋本成太郎先生・小野寺悠先生(チーム理学療法士 フィジオメンタル)


 ・・・リハビリから身体の動かし方から足裏まで細かい指導と個人対応をしてくれる


6)「野球部の活動」


○地域清掃 学校清掃


 ・・・地域に愛される野球部であれ


○老人ホームボランティア活動


 ・・・異年齢交流を通じ、様々な人の立場に立つことで人間として成長をする


○地域小中学生への野球教室


 ・・・指導者の立場に立つことで発信力の重要性を学ぶ


○食事合宿(12月)


 ・・・大学学食のご協力と、栄養大学生の伴走により実現


○強化合宿(3月・8月)


 ・・・春は校内 夏は長野に行きチーム力を生活から高める


○毎月のインボディー測定


 ・・・栄養大の機材をお借りして毎月測定をして、トレーニングや食事の振り返りを具体的に行う


○顧問との定期面談


 ・・・今何に悩んでいるのかを監督に伝え、具体的解決法を探していく


部員数 男子:48名(1年18名、2年20名、3年10名)
女子: 7名(1年 4名、2年 2名、3年 1名)
活動場所 メイングランド
(敷地内にありスプリンクラー・照明を完備し放課後は野球部専用として使用できます)
活動日 月・水・木・金・土・日(主に週末は練習試合になります)

大会実績・活動実績

〔過去の実績〕
第101回  全国高等学校野球選手権 埼玉大会 4回戦

第100回  全国高等学校野球選手権 南埼玉大会 3回戦 

第99回   全国高等学校野球選手権 埼玉大会 3回戦 

第98回  全国高等学校野球選手権 埼玉大会 5回戦(ベスト16)

第97回  全国高等学校野球選手権 埼玉大会 準々決勝(ベスト8)

第96回  全国高等学校野球選手権 埼玉大会 4回戦

主な練習試合相手校※OB戦も多数行っています。
花咲徳栄高校・春日部共栄高校・本庄第一高校・福知山成美高校・創価高校・二松学舎高校・立教新座高校・狭山ヶ丘高校・武南高校・鷲宮高校・明大中野八王子高校・早稲田学院高校・川越工業高校・所沢北高校・春日部高校・坂戸西高校・所沢商業高校・浦和実業・丸子修学館高校・武相高校・帝京長岡高校・立命館宇治高校・日大山形高校・東海大山形高校・東北高校・仙台育英高校

試合結果や日々の取り組み等をTwitterで情報発信しています。

体育系クラブ

文化系クラブ