理事長挨拶

創立者/理事長 佐藤英樹

生徒一人ひとりが夢を抱ける場所でありたい

「念ずれば、花開く」。私の好きな言葉です。

「念ずる」という言葉は、「今」に「心」という字を書きます。目標に対して絶えず心を向ける者だけが、目標を成就できる。オリンピックに出たいと強く念じ続ける人だけが、東大に入りたいと強く念じ続ける人だけが、夢を叶えられる。私はそう考えます。そのためには、まず達成したいと思うような目標を抱くことが大切です。そのことを頭に浮かべるだけで、自然と力が湧いてくるような……。私たちは何より、生徒一人ひとりが自分の未来に前向きになれるような「夢」を与えていきたいのです。

「幼いうちから、しっかり根を張ることが大切です。

大学進学についても、そんな考えで指導しています。「夢」を叶えるための手段が東大ならば、東大を選べばいい。しかしある人にとっては、それは東大ではないかもしれない。そんなときには自分の信じる道を選べばいいと思うのです。将来、自分は何をしたいのか。その答えを見つける手がかりを、早い時期からたくさん提供していきたいのです。力を入れているグローバル教育もしかり。学内に配置している多数の芸術品もしかり。将来、大きな樹に育つためには、幼いうちからしっかりと根を張っておくことが重要。表面だけではなく、地中深くまで。私たち文理中学・高等学校は、そんな教育をこれからも貫いていきます。そして常に子どもたちに夢を与え続けられる学校でありたい。そう考えています。

  創立者/理事長
  佐藤 英樹

校長挨拶

中学校校長 伊藤邦義

西武学園文理中学・高等学校は、6年一貫教育を通して、未来を担う「日本人としてのアイデンティティを持った、グローバル社会で活躍するトップエリ-トを育成する」ことを教育の目標としています。イ-トン校をはじめとする英国のパブリックスク-ルを模範とし、日本国内はもちろん、世界のリ-ダ-としての資質をもつ人材の育成に力を注いでいます。進学力・グローバル力・人間力をバランスよく育み、高い知性と教養、豊かで誠実な人間力を身につけ、グローバルな視野で社会に貢献する“真のレディ&ジェントルマン”を育成します。
進学力においては、中学・高校の6年間で段階的に力をつけていく独自の「2・3・1の学習システム」を採用し、超難関大学への現役合格をめざします。グローバル力においては、創立以来推進している「国際理解教育」と「英語教育」の両軸で、豊富な知識と教養を兼ね備えた、真のグロ-バル人材を育成します。また、人間力においては、知識だけではなく、これからの社会で求められる、思考力や豊かな感性、そして創造性を磨きます。

中学校校長 伊藤 邦義

世の中の動きや社会情勢の変化、そして大学入試をめぐるさまざまな改革への流れに応じて、文理も柔軟に対応していきます。これからの社会では、国際化や情報化が進む中、学び得た知識を正しく活用するとともに、思考力・判断力・表現力を駆使し、他者へ呼びかけていく発信力がさらに求められます。文理の生徒一人ひとりに、未来の社会で活躍するための、「自ら考え、自ら決断」していく能力を蓄えてもらえるよう、教職員一丸となり、よりよい教育活動に取り組んでまいります。グローバル社会でリーダーとなれるよう、知性はもちろん、人間性においても「トップエリート」をめざしてもらいたいと願っています。

高等学校校長 猪狩誠市

西武学園文理高等学校では、教育方針「すべてに誠をつくし、最後までやり抜く強い意志を養う」のもと、高い知性と教養、そして豊で誠実な人間力を身に付け、社会に貢献できる人物の育成をめざしています。
高校3年間での出会いや経験は、大きな影響力を持ち、大きな宝物となります。文理での3年間は、互いに認め合い競い合いながら確かな学力を身に付け、さらには生涯にわたる友人を見つけ出せる3年間です。
毎日の授業で確かな知識や教養を身につけ、定着させていくことが変化や多様性に富んだ社会のなかでも最も重要なことです。行事や部活動を通して、連帯する力、協働する力、リーダーシップを身につけていきます。また、文理の持つアカデミックでグローバルな雰囲気は豊かな国際性を育みます。難関大学への合格はもちろん、将来にわたる夢を探し、それに向かって着実に努力していけるようしっかり頑張ります。
校訓にあるよう、誠実にあきらめず一生懸命努力を重ねれば、必ずや充実した満足した結果が得られます。それを体現するところが文理高校です。

 高等学校校長 猪狩 誠市