クラス

入学時に、グローバル選抜クラス(難関国公立文理進学コース)、グローバルクラス(文理進学クラス)の2つのクラスに分かれます。6年間の中高一貫教育では、普段の学習に取り組む姿勢を確立するために、目に見える「目標」を常に提示することで、生徒のやる気を引き出すことが大切です。学年ごとに行うクラス替えのタイミングで、自分の目標に合ったクラス(コース)を選択することでモチベーションもアップします。

グローバル選抜クラス

将来、東京大学や京都大学、国公立大学医学部などの難関大学に、現役での進学を希望する生徒を対象としたクラスです。学習意欲や授業理解度が高い生徒が多いので、演習の量を増やす工夫を行っています。

担任メッセージ

何ごとにも全力で頑張るクラスです

“ 選抜クラス”というと「勉強だけ」というイメージがあるかもしれません。もちろん、このクラスの生徒はよく勉強しますし、多くがとても真面目です。ですが、「勉強だけ」でないのがグローバル選抜クラスです。本校にはたくさんの行事や活動があります。体育祭、文理祭、合唱コンクール、クラブ活動、委員会活動、そのどれに対してもこのクラスの生徒は、中心となって活躍します。勉強と運動は相反するもののように感じますが、その両方に力を発揮する生徒も少なくありません。文理祭、クラブ活動、委員会活動では、各団体の長になることも多いのです。合唱コンクールでは、担任が「そんなに頑張って勉強は大丈夫?」と心配になってしまうくらい頑張り、本番ではかなりレベルの高い合唱を披露し、鳥肌が立つくらい感動してしまいます。また、中学3年生の最後に卒業論文発表会があるのですが、卒業論文の内容・発表は教員から見ても完成度が高く、毎年、素晴らしい成果を挙げています。勉強面に対しては、中学3年までに英検2級、準1級、ときには1級を取得する生徒が出てくるほど優秀であり、数学では、中学3年にもなると大学入試レベルの問題を解けるようになってきます。このように目覚ましい成長を遂げられるのは、常に周りにレベルの高い仲間がいるクラスだからこそでしょう。お互いが刺激し合い、切磋琢磨して高め合う、そんなクラスが西武文理のグローバル選抜クラスです。

 

竹谷 好広

グローバルクラス

高度な英語力と知的土台をベースに、グローバルシチズンシップを備えたグローバル人材の育成をめざすクラスです。生徒の多彩な希望進路を実現するために、学力差がつきやすい科目においては習熟度別・分割授業を行うなど、一人ひとりに合わせた指導を行います。

担任メッセージ

グローバル時代に輝く人になるために

本校はこれまで、入学時から中高一貫進学クラス、特別選抜クラスという2クラスを編成し、2年次からは国際社会で活躍できる人材育成を目的としたグローバルコースを選択できるシステムをとっていました。しかし、海外で働く日本人が増え、また日本で働く外国の方が増え、今の子どもたちが大人になるころには、今まで以上に海外の方と協働しなければならない未来が待っています。その未来を生き抜くために、グローバルコースで培ったノウハウをすべての生徒に展開し、よりいっそうグローバル教育に力を入れていくという方針のもと、グローバルをクラス名に冠する2 つのクラスで3 年間学ぶ新たなシステムとしました。本校が考える国際社会で活躍できる人材像は、多様な人と関わることができ、他者の意見を受け止め、自分の意見を発信でき、きちんとまとめることができる人物です。そういった力を育むために、クラス内でのグループワークや学校外の大人との交流イベント、海外研修旅行などのプログラムが体系的に組まれています。最初はできなくてもいい。でも、仲間や先輩、ときには後輩たちと一緒に生活をしていく中で、少しずつ身につけていってほしい。私たち教職員も全力でサポートいたします。一緒に充実した学校生活を送りましょう!

 

柏木 菜月

6年間の学びのステップ