グローバルな視野と21世紀型スキルを培う

中高6年間の中で学力に加え、知る・考える・実践する能力を育てることで、海外も含めた多彩なステージで活躍できる、社会に貢献できる”レディー&ジェントルマン”を育てます。

グローバルな視野と21世紀型スキルを培う

グローバルな視野海外も含めた多彩なステージでの活躍

  • 総合的な
    英語力の習得
    知る

    英語授業では、4技能(読む・書く・聞く・話す)を毎回50分内にできるだけ盛り込む授業をめざします。テキストの復唱に加えて会話やプレゼンを採り入れるなど、4技能のバランスのとれた授業の組み立てをしていきます。

  • 日本の伝統文化
    に触れる
    考える

    鎌倉や京都、奈良の伝統文化に触れる研修旅行も事前・事後学習を充分に行い授業で学ぶ知識をより深めます。また、もちつき大会ではもち米を薪をつかって蒸すところから体験、日本の伝統文化を体感します。

  • 異文化理解
    の体得
    実践する

    創立以来、海外研修を積極的に取り入れています。バーチャルではなく、リアルで体験することが生徒の成長に不可欠だと考えているからです。事前・事後学習も含めて研修に力を入れています。

21世紀型スキル学力に加え汎用的能力も評価・育成

  • 知るKnowledge
    知る

    基礎学力に加え、様々な知識を習得する授業。

  • 考えるCritical Thinking
    考える

    知識を運用して思考・創造を行い、課題を解決まで導くスキルを育成する総合学習。

  • 実践するFor the Future
    実践する

    協調性とリーダーシップを養い、企業等と連携した授業を展開し実社会に繋げる行事・課外活動・特別活動。

文理の目指す”レディー&ジェントルマン・エリート教育”

高い知性や教養、豊かで誠実な人間力を身につけ、社会に貢献する人物を文理では真のレディー&ジェントルマンと定義しています。生徒一人ひとりがこのレディー&ジェントルマンになるように、グローバルな視野、人や自然に対する深い共感、多くの試練に打ち勝つ強い意思を育成するのが文理のエリート教育です。

学力に加えた汎用的能力も評価・育成

制服紹介

基本は中学も高校も、女子はブレザーにプリーツスカート、男子はブレザーにスラックスです。
文理のスクールカラーであるブルー系を基調とした、清潔感のあるスタイルです。

(左から:中学男子/中学女子合服/高校男子/中学女子/高校女子)

制服紹介