高校の進学教育では、目標実現に向けて多角的にサポート

自ら切り開く力と、適切な進路指導で、目標とする大学の現役合格へ

合格写真

進路を自分で切り拓く。その意欲的な力を大切にします

生徒 文理が進路指導でめざしているのは、生徒一人ひとりが個性と適性に応じ、自分自身で進路を切り拓く力を身につけること。文理では、それを「セルフガイダンス(自己指導)」と呼び、進路指導で最も大切なことと考えています。
進路は教師や親が決めるものではありません。そのため、中1で職業研究会、中2で職場見学、中3で職場体験などを企画し、進路についての意識付けをはかっています。特に高校になってからは、自らで自分のやりたいこと(興味・関心)を見つけ、自分の頭で考えて決定し(自主性・責任感)、意欲的に取り組むことが求められます。
そして、その過程の中でこそ、本物の学力やしっかりと生きる力が養われるのです。進路指導では、教師や学校はサポートに回り、一人ひとりがセルフガイダンスの力、自ら切り拓く力を身につけられるよう指導、支援を行います。

授業・ゼミ・進路指導、三位一体の指導が文理の進学教育

生徒全員が大学への進学を志望する文理では、現役で合格するために、中高6年間を見通した体系的な進学教育を計画。通常の授業での学習指導と連携しながら、学力の増強を図る各種ゼミナールと、成績などの個別データを分析し、適切なアドバイスをする進路指導を実施。「授業・ゼミ・進路指導」この3つが三位一体となってバックアップします。

成績データをコンピュータで管理「総合データシステム」

中高6年間の定期考査や校内・校外模試などの成績や大学入試の結果など、あらゆるデータをコンピュータで管理。個人、クラス、学年のレベル別に累積・分析するとともに、志望校の選定や合格の可能性の判定などに利用しています。

高校の進学教育では、目標実現に向けて多角的にサポート

高校1年 高校2年 高校3年
授 業 学力別クラス編成
基礎力充実
応用力養成
類型別クラス編成
応用力養成
理系コース
文系コース
系統別クラス編成
入試実戦力養成
国公立2次・私立実践力完成
入試センター試験応用力完成
ゼミナール 基礎力養成ゼミ
応用力養成ゼミ
夏季・春季ゼミ
基礎力補充ゼミ
応用力錬磨ゼミ
夏季・春季ゼミ
課外通年ゼミ
大学受験ゼミ
課外通年ゼミ
国公立2次・私立大対策ゼミ
大学入試直前ゼミ
進路指導 志望学部系統の選択
大学紹介ライブラリー
保護者会
大学進学講演会
大学見学会
校内外模試
志望校の決定
大学見学会
大学進学講演会
卒業生を囲む会
校内外模試
最新入試情報の提供
志望校合格への目標
コンピュータを駆使した 大学合格可能性の判定
総合データシステムによる 個人累積データの分析
大学系統別進学指導
校内外模試
  • 課外通年ゼミナール

    文理では、授業以外に数多くの課外ゼミを放課後に開設。補習や受験対策を目的とするもののほか、小論文などの授業でカバーできないものなど、さまざまな分野にわたっています。

  • 夏季・冬季・春季ゼミナール

    授業や課外ゼミと連携しながら、学校の休みを利用して、短期間に実力の向上を図ります。基礎・応用・入試実戦に分かれた100以上のゼミの中から、自分の学力にあったものを選択できます。

  • 大学入試直前ゼミナール

    入試の直前1月に、高校3年生の希望者に実施。国公立大学の2次試験や私立大学受験に備えて万全の準備をします。

  • 東大連絡会(OB会)

    大学受験の最高峰である東京大学。文理では東大攻略のために、必要な情報の提供や個別アドバイスを早い段階から行っています。本校卒業の東大生を囲んでのイベントや文理主催の東大見学会など、東大合格をめざしさまざまな支援体制を整えています。

  • 医学部進学ガイダンス

    医学部進学をめざす生徒のために、医学部入試に関する最新情報を提供。本校卒業生による医学部入試対策情報や、医学部生を囲んで直接話を聞く場を設けるなどの支援をします。

  • 大学見学会

    進路指導部主催で、東京大学、一橋大学、東京工業大学などのコースが実施されます。各コースとも、本校卒業生が研究室などを案内。大学の特徴や勉強内容などの説明や受験についてのアドバイスなどが聞け、価値ある見学会になっています。

  • 卒業生を囲む会

    現役で合格した卒業生に、大学受験についての心構えや授業の有効活用、クラブ活動と勉強との両立などについての話を聞かせてもらいます。自分に重ね合わせ、身近なこととして聞けるので、改めて自分の進路を考える絶好の機会になっています。

  • 進路講演会

    各学年に合わせて講演内容を吟味して開催。過去には、「親子で考える進路選択のために(思春期の子育てと進路支援)」や「目に見える学力と目に見えない学力の養成」といったテーマで行っています。

  • 国公立大学医学部受験プログラム

    医療の現場に立つ人材に求められるのは、高い水準の知識や技術ばかりではありません。倫理観や人命を預かる仕事の重さに対する認識も重要です。近年の面接や小論文試験でも、医療への意欲や関心、倫理観の高さなどが重要視されています。国公立大学医学部受験プログラムでは、課外講座の「医療倫理」や「医系小論文ゼミ」などを実施。中でも課外講座の「医療倫理」では、脳死や臓器移植、尊厳死といった現代の医療現場が抱える問題点や最新の医療技術について学び・考えることを目的としています。面接や小論文試験では、こうしたテーマについて問われることも多く、医学を志す心構えをしっかりと学べます。