人間教育

AIに置き換えることのできない、人間本来の能力を開花させる

社会が求めるのは「人間力」であり、自ら問いや課題を設定し、合意形成ができる能力です。また、大学入試では、基本知識に加えそうした学力観も求められます。西武文理では、本物に触れる教育を通して、豊かな人間力を育みます。

21世紀型スキル

職業研究(中1)

グループワークで職業についての情報を収集し、発表を行う職業研究。実社会で働いている在校生の保護者や卒業生などを招いて「仕事の内容」について取材を行い、事前学習で調べ得た資料と合わせてプレゼンテーション資料を作成し、発表します。「働くこと」の意義と、教室で学んでいることが「実社会とどう繋がっているのか」を学び、将来の社会進出を見据えたキャリアデザインのベースを構築します。

職業体験(中2)

実習生として企業や店舗などを訪問し、3日間仕事を体験します。自分の適性やなりたい将来像を見つめたうえで、生徒自身が電話で職業体験を依頼します。職に就くことの難しさからはじまり、自身も社会の一員であることを自覚し、職場での責任や役割、取り組む姿勢や態度などを学び、進路に対する意識を高めます。

地域協働探究学習(中3)

「さやま未来構想」と称し、狭山市の魅力をさまざまな媒体を用いて発信します。狭山市役所やさやま市民大学の協力のもと、課題解決型学習に取り組みます。地域社会との繋がりの中で、自己有用感を高め、「思考力・判断力・表現力」を育成するとともに、社会生活のマナーも身につけます。

卒業論文(中3)

高等学校への進学条件でもある卒業論文制作。自分でテーマを設定し、1年半をかけて調査・実験を繰り返し、原稿用紙約30枚の卒業論文に仕上げます。専門書を紐解き、インターネットで検索しながら情報を集め、その中から必要な情報を選び出します。自分の意見や考察を正確に相手に伝えるための構成検討と言葉の選択を行います。持ちうる「思考力・判断力・表現力」をすべて使い、物事を論理だてて考える術を身につけることは、将来的には大学入試にも役立ちます。

【過去の卒業論文テーマの一例】AI は人間にどう影響を与えるか/ポケモンはつくりだせるか/人間の微表情について/昔話は子どもたちが読むのに適切な内容なのだろうか など

宿泊校外学習(中1)

学校生活を有意義に過ごすための心構えやルールを身につけながら、勉強への取り組み方を考え、自学自習を確立させるために、1 年次の5月上旬に宿泊校外学習を実施。グループワークを通して他者理解・ チームワークの大切さを学ぶとともに、中学校で初めて出会った友人たちとの親睦を深めます。

スキー教室(中1)

志賀高原でスキーの技術を学ぶとともに、大自然の素晴らしさ、厳しさを体験します。スキーは未経験という生徒も少なくありませんが、できないことが「できるようになる」という経験の積み重ねは自信に繋がります。日常とは異なる場所で、仲間と励まし合いながら成長することができる、かけがえのない体験です。

合唱コンクール

全学年・クラス対抗で行う合唱コンクール。それぞれの個性(声)を聴き、高め合い、心をひとつにすることで素晴らしいハーモニーが生み出されます。また、同じ目標に向かってクラスが協力し合うことで、他者を尊重する心、協働する力を身につけ、豊かな人間関係を築きます。

体育祭

「形と心の調和」をテーマに、本校のメイングラウンドにて中高合同で開催。中学1年から高校3年までを縦割りで4つのチームに分けて勝敗を競います。運営は高等学校の体育委員が中心となって行うため、学年の垣根を越えて協力し合い、絆を深めることができます。

文理祭(文化祭)

各CAに分かれて、創作や研究の成果を、展示や実演によって発表します。発表の方法や内容も生徒たち自身が考えます。1年生にとっては外部の方に対しての初めての発表の機会となりますが、先輩たちに支えられながら、ひとつの作品をつくりあげていきます。

芸術鑑賞(中1~中3)

劇団四季のミュージカルなど、本物の舞台演劇に触れる芸術鑑賞。本や映画とは異なり、臨場感あふれる芸術に触れ、その豊かな表現力や見事な調和を目の当たりにすることで、発信力を高めるとともに、他者を受け入れ協働する力を育成します。

文化教養セミナー

教養を高め、知見を広め、社会に貢献することの意味を考えるために、さまざまな分野の専門家を招いて講演会を実施。これまでエジプト考古学者の吉村作治氏、日本南極地域観測隊越冬隊員の皆様など、各分野の専門家にお越しいただきました。