7月17日(日)に第77回国民体育大会関東ブロック大会(アーティスティックスイミング)が開催され、中谷奏空さん(2-S1)が少年女子デュエット埼玉県代表として出場しました。中谷さん・高橋さんのペアは、東京都代表にはわずかに及ばなかったものの、神奈川県代表、茨城県代表をおさえ、見事2位に入賞。9月11日(日) 栃木県・日環アリーナ栃木屋内水泳場で開催される第77回国民大会水泳競技大会への出場権を獲得しました。

アーティスティックスイミングは音楽に合わせ、水中でさまざまな演技を行い、メンバー(パートナー)との同調性、演技構成、さらには芸術性や表現力を競う水泳競技。決まった動きを取り入れるテクニカルルーティンと自由に演技するフリールーティンの総合点で競い合います。

その美しさとは裏腹に、水中における筋力の疲労、心肺への圧迫はすさまじく、日々の練習は過酷を極めます。国体まで1ヶ月半。コンディションを整えながら、中谷さん、高橋さんが納得のいく練習ができること、そして本番で最高の演技を披露できることを心よりお祈りします。


記事の一覧に戻る