「全国高校生ビジネスアイディアコンテスト2023」で第2位

NEWS

3月26日(火)桜美林大学新宿キャンパスで実施された「全国高校生ビジネスアイディアコンテスト2023(主催:桜美林大学)」において第2位(優秀賞)に選ばれました。
勝田萌乃香さん(2-G5)、関唯香さん(2-G2)、髙橋柚花さん(2-G2)の3名は「事故物件を活用して地域に根ざした図書館をつくる」という提案が3月上旬の第1次審査を通過し、3月26日の第2次審査に対面形式で参加、決勝に進出しました。その結果、第2位(優秀賞)に選ばれました。

プレゼンした生徒のコメント
勝田さん
 先生方にアドバイスをいただき、何度もアイデアを練り直しました。もっとも悩んだことは事故物件を活用することで生じる諸問題をどうやって突破するか、何故わざわざ事故物件を使用するのかという問いの答えを見つけることでした。しかし、今回のビジコンに参加したことで新たに知識を吸収することができたり、ビジネスのやり方について興味を持つことができたりと私にとって多くを学ぶことができました。準備期間は勉強をする時間が取れない日も多々ありましたが、優秀賞という形で努力が認められ、やって良かったと改めて思うことができました。

関さん
 今回のビジネスアイデアは、事故物件から自分たちで図書館を作ろうという提案をしました。当初の手応えとしては、あまり自信がなかったのですが、チームでたくさんのアイディアを練った結果が2位を取ることができました。とても良い経験になりました。

高橋さん
 プレゼンに関して、十分に準備をしてきたと感じていたため、私としては手応えを感じました。しかしいざ本番になると、どのグループの発表も素晴らしくて急に自信を失ってしまいました。そんな中で発表ができたのは、発表直前まで試行錯誤し、練習を重ねた結果だと思っています。努力してきてよかったと感じました。
私たち3人の頑張りだけでなく、何度も相談にのってくれた先生方や協力してくれた友達のおかげで優秀賞を受賞することができました。