令和4年5月4日(水祝)に 狭山市市民会館 大ホールにおいて、「合唱部 第17回 定期演奏会」が行われました。
コロナ禍にあって、ほとんど宣伝しなかったにも関わらず、当日は、保護者の皆様や卒業生など、多くの方々にご来場いただき、大盛況のうちに幕を閉じました。

 

2年ぶりとなるこの定期演奏会は、「西武学園文理高等学校校歌」から始まり、冬のアンサンブルコンテストでも歌唱した無伴奏女声合唱組曲「なみだうた」、部員による脚本・演出の音楽劇「銀河鉄道の旅」、東京大学緑会合唱団の皆さまとの合同合唱ステージへと進み、ラストは合唱部の愛唱歌「マイウエイ」で終演しました。

感染拡大を予防するため、活動を制限しながらも、その中でひたむきに努力してきた生徒たち。この日は、どのステージでも日々の練習の成果を発揮することができ、「心の響きあい」を歌声にのせて届けることができました。
演奏会を通じて、生徒たちは、歌唱技術はもちろんのこと、人間的にもひとまわり成長し、クラブとしての絆も一層深まったようです。今後も合唱部の活躍をお祈りします。

当日は、東京大学緑会合唱団の皆さま、ピアノストの渡邉ひとみ様、西武学園文理中学校合唱CAの常見葵さん、寺谷音音さんのほか、たくさんのOBOGの皆様にご協力いただきました。
心より御礼申し上げます。ありがとうございました。


記事の一覧に戻る