6月4日(金)、低気圧の影響であいにくの天候でしたが、中学2年生は、古都・鎌倉へ校外学習に行きました。

学校からバスで一路、鎌倉へ。鶴岡八幡宮に到着すると、そこからは班行動です。各班で選んだコースに沿って、鎌倉の寺社を巡り、日本の文化や歴史に触れました。時折、風雨が強まり、軒先を借りて雨宿りする班も見られましたが、昼食場所である高徳院(鎌倉大仏)にはみんな笑顔で到着。雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ。昼食後も、予定どおりの見学コースをたどって、全員無事にゴールの鶴岡八幡宮に戻ってこられました。

雨に洗われた美しい庭園。
厳かな仏像や釈迦像。
細部まで作り込まれた数々の美術品。

生徒たちは日本の歴史や宗教、伝統芸術に触れながら、古都・鎌倉を満喫したようでした。中学2年生では、2学期にもちつき大会、3学期に京都奈良研修旅行が予定されています。社会の授業とも連動させ、自国の文化や伝統的な習慣を肌で知る1年です。海外研修も刺激的なプログラムですが、まずは日本についてじっくり考える。そんな1年にしたいと思います。

晴れていればなぁ。
でも、雨の鎌倉研修もきっと数年後にはきっといい思い出です。


記事の一覧に戻る