西武学園文理中学・高等学校 中学・高校中学校高等学校
HOME高等学校 > 進学指導

本校の学習・進学指導
進学指導

一人ひとりの可能性を最大限に伸ばす支援体制

全員が大学進学を希望する本校生徒への進路指導は、進学についての指導が中心になります。志望校への現役合格を実現するために独自に組まれたシステムは、信頼と実績の上で定評があります。無理なく無駄なく現役合格に導くために、3年間を見通した体系的・合理的な指導計画を構築しています。早くから進学についての意識を高め、モチベーションを持続させるために実施される各種講演などのプログラム。入試情報や校外模試の成績結果などの個別データを累積・分析する総合データシステム。そして、これらのプログラムやシステムを駆使し、適切なアドバイスで生徒を指導できる教師陣の存在が「面倒見の良い文理」の最大の特徴です。

画像 画像 画像

効率的なカリキュラム・指導システム

他校には類を見ない「能力・個性・適性を十分に考慮した英才教育」

生徒にとって大学進学は当面の目標であり、将来の大きな目標への第一歩といえるでしょう。本校はエリート教育の進学校として、一流大学への現役合格を可能とする独自の効率的なカリキュラム・指導システムが完成しており、生徒の能力・個性・適性を十分に考慮し、的確な学習・進学指導を展開しています。

柔軟な思考力、鋭い洞察力・考察力、豊かな表現力などを備えた"ほんもの"の学力の養成をめざす精選した弾力的なカリキュラム編成により学習指導を徹底します。
大学入試の実状を踏まえ、生徒の学力特性を活かす学力別クラス編成や進学志望類型別・系統別コース制を採用し、学習効率を高める指導を展開します。
大学教育を見据えた高度な学力を養成するため、3年間を体系的に位置づけた指導方針が確立しています。主要教科には標準より多くの時数を配当し、基礎力・応用力・入試実戦力の養成が段階的にはかれるよう教師の創意と工夫による充実した授業を展開します。
能動的・意欲的に真理を探究し、自主的に学習しようとする精神の涵養をはかるため、授業の「一時間一時間が勝負」であることを自覚させる親身の指導を熱意ある教師陣が展開します。

セルフガイダンス

生徒自らやりたいことを考え、見つけ、決定するからこそ最後まで頑張れる

文理では、生徒一人ひとりが自分自身の個性と適性に応じ、自分の進路を自ら切り開く力を身につけることを目指しています。本校ではそれを「セルフガイダンス」(自己指導)と呼び、最も大切なことと考えています。
生徒自身が自分のやりたいこと(興味・関心)を見つけ、自分で考えて決定し(自主性・責任感)、意欲的に取り組む。一見むずかしく思えますが、自分でやりたいと決めたことだから、とても楽しく、たとえ嫌なことがあっても頑張れるのです。本物の学力や生きる力はこうした中でこそ培われます。教師陣や学校はそのお手伝い(援助)役として、生徒一人ひとりがセルフガイダンスの力を身につけられるように指導します。

外部連携プログラム

多様な人々との交流が生徒の意識を高める

大学や企業と交流を持つことは、自分の将来をじっくりと見つめるよい機会になることから、現在多くの大学や企業と交流を図っています。
例えば毎年数多く開催されている講演会。生徒たちが「なぜ学ぶのか」を考え、人生の目標を定め、社会への意識を高めることを目的として実施しています。文化、科学、スポーツ、医療などのさまざまな業務に携わっている方々から現場のお話を伺うことで、生徒の意識を喚起します。また、体験型学習では、各分野の第一線で活躍する方をゲストティーチャーとして迎えたり、大学生ボランティアや保護者とのグループワークを通じて、外部との接点をもち、視野を広げ、生徒の「学ぶ意欲」を高めています。
さらに、医学部連携プログラムでは、学内での活動にとどまらず、埼玉大学脳科学融合研究センターでの「最先端脳科学講座 高大連携実習」や慶應義塾大学における「慶應義塾大学医学部連携講座 先端科学ツアーなど、学外でのプログラムも多く実施しています。
 


▲ページのトップへ

Copyright(c)Seibu Gakuen Bunri Junior & Senior High School.All rights reserved.
西武学園文理中学・高等学校 〒350-1336 埼玉県狭山市柏原新田311-1 TEL:04-2954-4080(代表) FAX:04-2952-7015
文理佐藤学園西武文理大学西武学園文理小学校西武学園医学技術専門学校西武文理大学附属調理師専門学校