西武学園文理中学・高等学校 中学・高校中学校高等学校
HOME高等学校 > 情操教育

本校の学習・進学指導
情操教育

人間として大切な真、善、美の心を育てる。

人間として大きく育つには「知育」とともに心を育てる「情操教育」が大切です。文理では、素直な感情や情緒を育み、創造的で、個性的な心を育てるために、情操教育に力を注いでいます。キャンパス内で、日常的に一流の芸術作品に触れたり、お茶などの伝統文化を通して礼儀作法を身につけたり、感動体験をみんなで一緒に分かち合い、共に喜び合うことで、真・善・美など、人間としての絶対的な価値につながる情操を育てていきます。

●キャンパスは彫刻の森

文理のキャンパスには、具象彫刻では、柳原義達、加藤昭男、朝倉響子、抽象彫刻では建畠覚造、新宮晋、土谷武といった近代彫刻を代表する作家の彫刻作品が38基点在しています。これは「一流の作品に若いうちから接することにより感性豊かな人間に育ってほしい」という佐藤校長の願いと、「彫刻は見るだけでなく、触れたり、あるいは腰掛けたりして、その中で何かを感じてもらいたい」という彫刻家の言葉から、校内にさりげなく配置され、生徒たちに親しまれています。

●茶道講習会

本校では、情操教育の一環として、茶道講習会を行っています。日本の伝統文化を正しく身につけ、日本人としての挨拶や箸の持ち方などの礼儀作法を学ぶことが、人格形成に資すると考えているからです。また、国際教育の一環として行われる海外研修や語学研修で伝統文化を紹介できるようになることも目的の一つです。

オアシス運動

学園生活はオアシス運動から始まります。

●芸術鑑賞

画像

邦楽、狂言、落語などの古典芸能から、クラシック演奏会、中国芸能まで、幅広い分野にわたる優れた芸術に触れることで、豊かで美的な情操を育みます。毎年狭山市市民会館を貸し切って行われるため、保護者の方々も参加できます。また、3年生は国立劇場で歌舞伎を鑑賞し、日本の伝統美を肌で味わうことができます。

●体育祭・創作ダンス

音楽や絵画などの芸術とともに、情操を養うのに役立つのが踊りなどの身体表現です。本校の体育祭では、1年生男子が開校当時から行っている文理体操、2年生男子が組体操で一糸乱れぬ息を合わせての演技を披露します。また女子は、中学1年から高校2年までの全員が体育の授業の一環として創作ダンスに取り組んでおり、構成から衣装の作成まで創意工夫に満ちたダンスを発表します。


▲ページのトップへ

Copyright(c)Seibu Gakuen Bunri Junior & Senior High School.All rights reserved.
西武学園文理中学・高等学校 〒350-1336 埼玉県狭山市柏原新田311-1 TEL:04-2954-4080(代表) FAX:04-2952-7015
文理佐藤学園西武文理大学西武学園文理小学校西武学園医学技術専門学校西武文理大学附属調理師専門学校